スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年5月 総会・特別講演・YG会が開催されました

5月17日、帝京科学大学・千住キャンパスにて、研修会が行われました。

2-3 会場

社会福祉法人のゆり会が5月にオープンした「のぞみワークショップ」の相馬渉子所長より事業内容や日課について紹介があり、続いて津田望のゆり会理事長の特別講座「のぞみビレッジにおける総合的セラピーの展望」がありました。

2-2 特別講演 相馬氏 2-1 特別講演 津田氏

のぞみ牧場学園の隣地に建てられたワークショップの建物は、内も外も明るく、トイレの標識までうっとりするほど素敵です。基調の色はオレンジ。「みなさん、オレンジ、オレンジですよ、言ってみてください」に「オレンジ」とぼそぼそ小さな声で言ったものの、望先生の「オ・レ・ン・ジーそう、お・れ・ん・ち・なのです!」にハッとしました。建物の周囲の色とりどりの花壇、光降り注ぐ中庭のピロティ、平屋の暖かな感じの建物は、まさに「オレんち」としてのワークショップであるのですね。

望先生は、ワークショップはのぞみビレッジの構想のうち4分の1であること、これからまだ4分の3のなすべきことが残っていること。これまでは、のゆり会の施設に通っている子どもは約1000人であったが、これからは成人の利用者も1000人になるであろうと話されました。

「発達的観点からのセラピー研究会であったが、2014年5月からは成人が入ってきたことにより<即生活に必要なスキルを生活に密着して教えることによりQOLを上げる>サバイバル・スキルについて考えていかねばならない。」理事長の言葉は保育・教育に携わる者にとって大変重い意味をもってひびきました。「発達期以上の人の臨界期に挑戦したい」という力強い言葉が今も耳に残っています。

また、望先生はスキルを分類され(パタニング・レジャー・運動・生活習慣 等)、楽しくなければスキルも身につかない、と言われました。保育においても、子どもは楽しいと感じるときに発達するのだと常々感じていましたので、のぞみビレッジの目指すところと保育園の保育の“近さ”にびっくりしました。もっと勉強したいと思います。

YG会では、最初の自己紹介だけでも「ゆっくり聞いてみたい」と思うところがたくさんありましたが、時間がないので1月の保育・教育部会のテーマを中心に話を進めていきました。いろいろな施設、職種の参加するこの部会ならではの活動を行っていきたい、と皆思っていることが確認できたYG会でした。

4 YG会 C1
4 YG会 C2

 (文責・原純子 のしお保育園)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
JaTTS公式コンテンツ
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。